パイプライン

BP1209

  1. 免疫チェックポイント抗体によって送達される新規の個別化ネオアンチゲンワクチン・プラットフォーム
図1

BP1209は、腫瘍の遺伝子変異由来の抗原(ネオアンチゲン)に対する個別化がんワクチンです。ネオアンチゲンは腫瘍に特異的ながん抗原で正常細胞には存在せず、免疫系からは非自己として認識されます。そのため高い免疫原性を持ち、自己免疫反応を引き起こす心配も少ないため、がん免疫療法の格好の標的と考えられています。実際に、抗PD-1/PD-L1抗体などの免疫チェックポイント抗体が活性化する抗腫瘍免疫の標的がネオアンチゲンであることは科学的に証明されつつあります。BP1209はこのネオアンチゲンをがんワクチンの標的とし、これまでのがんワクチンでは得られなかった腫瘍に特異的な高い抗腫瘍活性を達成しています。

BP1209は、腫瘍のネオアンチゲンに対するワクチンを免疫チェックポイント抗体に連結した抗体-抗原複合体ワクチンです。抗体と抗原を複合体化することで、腫瘍特異的T細胞を活性化する抗原提示細胞(樹状細胞)に、ワクチン抗原を効率良く送達することができます。また、免疫チェックポイント抗体の作用によって樹状細胞による腫瘍特異的T細胞の活性化が顕著に促進されます。

これまでのがんワクチンは、ヒトに投与可能な免疫賦活剤(アジュバント)が薬事規制上限定されていたために、高い免疫賦活が困難でした。BP1209では、安全性が確認されている免疫チェックポイント抗体をアジュバント成分としても用いることで、ネオアンチゲンに対するワクチン効果が高められています。これまで、アテゾリズマブやペンブロリズマブなどの抗PD-L1/PD-1抗体は、腫瘍局所でのT細胞の免疫抑制を解除する抗体医薬品と考えられてきましたが、近年、リンパ節でPD-L1を発現する樹状細胞がT細胞を抑制することを解除する作用があることが報告されています。また、抗CD40抗体はCD40を発現する樹状細胞の活性化を増強することがわかっています。これらの免疫チェックポイント抗体とネオアンチゲン・ワクチンを複合体化したBP1209は、腫瘍特異的なT細胞を効果的に誘導・増幅することができます。

腫瘍の遺伝子変異とネオアンチゲンは患者一人ひとり異なります。そのためネオアンチゲンを標的とするがん治療では、患者それぞれの腫瘍の遺伝子配列を解析し患者個別にワクチンを製造する必要があります。当社は次世代シーケンサーによる患者個別の遺伝子変異解析技術と、その遺伝子変異からネオアンチゲンを同定するアルゴリズムをすでに開発しています。ネオアンチゲンに対するワクチンは患者個別に製造する必要があり、これまでの海外で臨床試験が行われてきたネオアンチゲン・ワクチンの多くは、単純な分子構造と成分で製造が容易なワクチンフォーマットに限定されていました。BP1209では、ワクチン抗原に抗体のFc領域に結合する分子構造を付加することで、抗原と医薬品抗体を混合するだけで抗体-ワクチン複合体を形成することができます。これにより、ネオアンチゲン・ワクチンと免疫チェックポイント抗体を混合するだけで、ネオアンチゲンを樹状細胞へ送達しより有効性の高い抗腫瘍免疫を惹起する抗体連結ワクチンを、患者個別に製造することが可能になりました。この抗体-ワクチン複合体の形成法は当社独自の特許出願済の技術です。

A new platform of personalized neoantigen cancer vaccines directed by checkpoint inhibitor antibodies to improve cancer immunity. ESMO 2021
VIEW POSTER

閉じる