パイプライン

BP1210

  1. キイトルーダ®、オプジーボ®、テセントリク®に続く、新規免疫チェックポイント阻害抗体
  2. 細胞傷害性T細胞の疲弊を抑制し、抗腫瘍免疫活性を亢進する
図1

BP1210は、世界各国の多様ながん種、ステージで医薬品承認が進む免疫チェックポイントPD-1/PD-L1阻害抗体に続く、免疫チェックポイントTIM-3を阻害する新規抗体です。
TIM-3はPD-1分子の局在や機能と同様に、T細胞に発現し、腫瘍局所においてT細胞の疲弊を促します。BP1210は、T細胞に発現するTIM-3を阻害することにより、TIM-3がもたらす細胞疲弊を回避し、抗腫瘍免疫活性を亢進します。抗PD-1抗体で、抑制系免疫チェックポイントの阻害で「がん免疫」が成立することが科学的に証明されたように、同じ抑制系免疫チェックポイントTIM-3を阻害することにより、抗PD-1抗体だけでは不十分だった「がん免疫」を成立させることを目指します。

  1. T細胞の疲弊に伴うBP1210標的の遺伝子発現
図2
閉じる